免疫とは。おうちでもできる免疫力アップ活!

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。さて、中々コロナウイルスが収まらない中、日本もどんどん深刻さを増すのか、不安になる方も多いと思います。

 

今日は、「外出自粛中でもおうちでできる免疫力UP」について書いてみます。

どんな生活をすれば良いの?効くツボってあるの?という声を頂いたので、少しご紹介します^^

 

そもそも「免疫」とは、「病気を免れる」という意味です。感染症 などに一度かかると、二度目は軽く済んだり、まったくかからなくなったりすることです。体が自分にとって健全な成分以外のものを識別して排除する防疫システムのことです。

 

 

今回のコロナウイルスも、若い人などは陽性であっても症状が出ない方などは、

免疫力が強いので重症化まではいかない、と言えるのでしょう。

 

では、免疫力はどのように上げられるかといえば、「体温を上げる・腸内環境を整える」が

キーワードになるのではないかと思います。

 

免疫細胞は血液の中にいるので、体温が下がると異物を発見しても攻撃をするスピードは落ちるそうです。

体温を上げる、には「運動・食事」などが良いでしょう。

 

また、免疫細胞の多くは腸にいると言われています。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす食事が大切になります。

 

発酵食品の摂取や栄養バランス(脂質とタンパク質が多い食事、大量飲酒や喫煙でも悪玉菌が増える。野菜や発酵食品が良い)

を考えた食事がおススメです。

 

では、免疫を上げるツボとは?

ここでも先ほどの2つのキーワードである「体を温める、おなかに効く」ツボがいいのかなーと思いました。

 

代表的なお腹のツボは「足三里、合谷、中脘チュウカン、天枢、関元」です。

足三里は免疫を上げるともいわれます。

 

場所は、脚のすね。お膝の皿の下に指を横向きに4本ならべたところにあります。

そこから下のすねの筋肉(前脛骨筋)は、「胃経」とよばれる経絡が通っています。

 

東洋医学では、胃腸は表裏の関係です。その胃経を上から下に、足三里から足の関節にむけて揉むのもおすすめです。

その他のお腹のツボをお灸であたためたり、ツボ押しも良いかもしれません。

 

また、体温を上げる場所として「褐色脂肪細胞」という細胞が集まるところがあります。

大体、肩甲骨の間になります。

 

そのあたりには、実は肺に関するツボもあります!

肩甲骨の上げ下や、肩甲骨が動くことを意識しながら腕を大きく回す、などの運動もおすすめです。

 

 

以上、ここまでおうちでもできる免疫アップ活!をご紹介しましたが、いろんな事をメンテナンスとしてやっている鍼灸師の私でも、一番といってもいいほど大切なのは、「心」だとも思います。

 

どんなに体に良いことをやっても、心が落ち込んだり元気がなければ、症状は回復してくれません・・・

どうか、外出自粛や不安なニュースが続いても、ひとりで落ち込まずに心の元気にも目を向けてあげてくださいね^−^v

 

 

| 健康 | 12:28 | comments(0) | - | - |

コロナウイルスに負けない!

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちは。中々コロナウイルスが終息しない中、3月に入りましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

学校の臨時休校やトイレットペーパー騒動等、混乱が生じていますが、今一度、正確な情報を入手して頂きたいと思います。

 

さて、今日は簡単にコロナウイルスについてまとめてみたいと思います。

 

Q.コロナウイルスとは

A.昨年12月以降から問題となっているのは、人に感染するコロナウイルスである「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。アルコール消毒(70%)、熱(70度以上で一定時間)で感染力が失われるといわれています。

 

現在、食品や感染者が見つかった場所からの荷物からの感染は報告されていません。しかし、食事の配膳などで不特定多数の方と接する可能性がある場合は、飛沫感染に注意が必要です。

 

Q.治療法は

A.この新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立しておらず、発熱や咳などの症状を緩和する目的の治療として解熱剤や鎮咳薬の投与等が実施されています。

発熱や咳などの呼吸器症状が無くなり、鼻腔や気管などからウイルスが検出できなくなった状況を「治癒」と判断しています。

 

Q.予防法は

A.石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒、できるだけ混雑した場所を避けましょう。また、十分な睡眠も重要で、屋内でお互いの距離が十分確保できない状況で一定時間を過ごすことも注意が必要です。

 

マスク不足などの心配がある方!Youtubeなどにも手作りマスクの作り方も載っているので、是非参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=LicbPStgcQI

 

 

参考:厚生労働省ホームページ 2020年3月4日

| 日常 | 18:52 | comments(0) | - | - |

冬の大敵!【老化】を防ぐ!

JUGEMテーマ:美容

 

始まりました、オリンピックイヤーの2020!

今年はどんな1年にしたいですか?

 

私は昨年末、フェイシャルマッサージを学びました。今まで、毎日のスキンケアの

化粧水→美容液→クリーム→・・・とすべて浸透するまでめんどくさい!!

と思っていたのが、テクニックを練習していたらあっという間!お肌も調子よく、ほくほくしております^v^

この技術はまた、Haluの中で還元したいと思います。

 

さて、冬は四季の中でもお肌にとって、最悪の環境コンディションで、

最も【老ける】!!とご存じでしょうか?。。

 

寒さ、乾燥、寒暖差、年末年始の多忙やイベントなど、様々な環境コンディションにより、

新陳代謝の低下やさらなる乾燥→「しわ」「たるみ」「肌荒れ」を招き、老化に繋がりますT0T

 

そこでおススメしたいのが、この季節は特に

「1血行を促進する」「2乾燥を防ぐ」「3栄養をしっかりとる」「4軽い運動をする」ことです!

 

寒さで血流が悪くなると、お肌の新陳代謝が落ち、ターンオーバーが遅くなります。肩こりなどを感じたら、入浴し、身体全体から温めることが大切です。

 

乾燥は、上で挙げたように、様々なトラブルを引き起こす原因となります。この時期は保湿系コスメを使い、アンチエイジングコスメの使用も大切になります。

 

冬に太りやすい、むくみやすいという方もいらっしゃいますが、普段からHaluに通われている方でも、この時期は体の中が滞りやすい状態だな、と感じます。

 

温かいもの、良質なたんぱく質を摂り、軽く汗がにじむ程度の運動をするのも、季節に合わせた昔ながらの生活です。

 

Haluでも、これらのトラブルに関して、美容鍼だけではなく、肩首頭などをほぐして緩めたり、お灸をすることで血流の改善をしていきます。

 

今年も、スキルアップをして、皆さんの健康美に応えられる施術をしたいと思います^^

 

| 美容 | 12:30 | comments(0) | - | - |

2020に向けて!

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。すっかり年末が近づいてきましたね!2019はどんな1年だったでしょうか?

12月はあっという間に過ぎる中で、インフルエンザや寝違えぎっくり腰など体の不調も現れがちですよね。

 

美容の面でいうと、今までより乾燥が目立ったり、くまがくっきり出たり・・・

 

Haluは、美容・体がより元気になるように、トータルで応援させて頂きます!

カラダが変わればココロも元気になりますよ♪

 

年内は12/30まで。年始は1/3からオープンします。

まだ年内のご予約も枠がございます。

 

お気軽にお問い合わせください^^♪

| 美容 | 17:56 | comments(0) | - | - |

夏の便秘・下痢・胃もたれ・食欲不振。東洋医学とセルフケア!

こんにちは!今年の夏もやっぱり暑くなりましたね。梅雨が長かった分、一気に暑さが辛く感じます。

 

さて、こんな時期にHaluにいらっしゃる方の9割は夏バテの症状を訴えられています。

 

特に多いのが、便秘、下痢、胃もたれ、食欲不振などの胃腸症状です。

これとセットで、全身のだるさとむくみ、脚がつる、などを感じる方が多いようです。(「夏バテかと思い、水分を摂りすぎているからかも…」と仰る方も多いです)

 

原因をネットで調べると、「水分不足・エアコンの冷え・自律神経の乱れ」と書かれています。

ここではそれを前提にして東洋医学的に考えてみます。

 

東洋医学では、胃腸は「脾」の働きが担当していると考えます。(現代医学でいう、脾臓より膵臓の働きに近い)

夏の湿度は「脾」を傷めやすいといわれ、「脾」の働きが弱ると、胃腸症状やだるさ、むくみなどの症状が出ます。

 

また、「脾」は「気・血・津液」を作る大切な場所でもあるため、これらに異常がでます。

さらに、胃腸は身体の真ん中にあるため、胃腸の働きが悪くなると筋肉的にも腰や腹周りに硬さや滞りがでます。

 

さらにさらに!外的環境として室温と外気温の差というダメージに、そこへ自ら冷たい飲食や刺激物を与えてしまうと・・・

さすがに体はノックアウトに近い状態です。

 

実際、梅雨からの身体のだるさ→夏の暑さ→食欲不振→飲み会、刺激物→疲れが取れず、眠りも浅い・・・という過程を辿っている方も珍しくありません。

 

では、セルフケアとしてはどうするか。

私は引き算で考えることもアリではないかと思います。

 

引き算、というのは何かを取り入れるより「しないこと。」

 

例えば、冷たい飲食を摂りすぎない・刺激物、脂ものは少量にする・お酒を飲みすぎない・食べ過ぎない・夜更かしない・日中に外で活動しない、など。

 

禁止、というより体に負担を減らしてあげるイメージでこれらを意識してみて下さい。

 

何かを取り入れるのは、余計と疲れることもあります。現在、とても辛ければ、とにかく季節が過ごしやすくなるまでを凌ぐため、

この「しないこと」を考えてみてはいかがでしょうか?

 

運動や栄養は、土台が整理できてから取り入れた方が、効いてくれます^^

 

 

 

 

 

| 健康 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

梅雨の季節に体調が悪くなる〜気象病について〜

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。梅雨真っただ中ですが、日中は暑かったり夜は風が寒く感じだり、また雷雨や豪雨だったり・・・と中々天気が安定しませんね。

 

こんな季節は体の中も安定しません。Haluにいらっしゃる方にはこの時期の体調不良を訴える方も少なくありません。

最近、ニュースの天気予報でも聞くようになった「気象病」。

東洋医学では、常識のように天気や気温、湿度などは人体に影響を及ぼすと言われてきました。

 

現代では、天気痛外来もできるなど、近年研究が進んでいます。

具体的には、気象に関する気圧・気温・湿度などの影響を受けて悪化する病気の事をいい、慢性痛やめまい心臓病、脳卒中、認知症、喘息、歯周病まで確認されているそうです。

 

Haluでは、頭痛、だるさ、眠気、下痢、リウマチや変形性関節症の方の関節の痛みやだるさ、を訴える方が多くいらっしゃると思います。

 

このメカニズムは、人に備わっている「ホメオスタシス」という、外部環境の変化から体温等を守り一定に保つ働き、が関わっているそうです。それに重要な役割を果たしている「自律神経」が乱れ、ストレスを感じているのではないか、と言われています。

 

対策として、自分でできることは「自律神経」の安定です。

早寝早起き、栄養バランスの取れた食生活、精神の安定、適度な運動習慣などが基本となります。

その他、気圧センサーをキャッチする耳(内耳・前庭)のマッサージも良いそうです。

 

疲れたら、休む!天気で不調なのは科学的にも証明されてきています。気のせいだと思わず、頭や体をゆるめてみてくださいね。

それでも、どうしようもないだるさ等がある場合は我慢せずにHaluにお休みに来てください^^

| 健康 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

“くま”について〜原因・対策〜

JUGEMテーマ:美容

 

こんにちは!GWも元気に営業している、Haluです。

今年は10連休と言われていましたが、残りも少なくなってきましたね。

 

さて、今日は美容の大敵”くま”について書いてみます。

 

まず、

くまは \弔ま茶くま9くま の3種類に分けられます。

チェック方法は、指で皮膚をひっぱって薄くなり、メイクでも隠れるものが青くま、

ひっぱっても薄くならないが、メイクでは隠れるものが茶くま、

ひっぱって薄くなるが、メイクでは隠れないものが黒くまです。

 

 

種類 原因 対策
青くま 寝不足、冷えなどの血流停滞 運動、ツボ押しなどで血行促進
茶くま 刺激により色素沈着、角質肥厚 美白ケア(ビタミンC誘導体など)、ピーリング
黒くま 下まぶたの皮膚老化によるたるみ コラーゲンを増やし(レチノールなど)、たるみを防ぐ

 

アラサーの私は、20代では青くま、30代に入ってからは目の下の茶くまが少し気になるようになりました。

青くまは、ホットタオルなどで温めると頭の疲れも取れていきます。

茶くまは、コンシーラーでカバーをして対策もできますが、美白ケアやピーリング、酵素洗顔なども

組合すことで変わると感じます。

 

40代に向けては、干渉波などでたるみ対策をすることが、黒くま予防にもなるかと考えています。

 

鍼だけではなく、日ごろのお手入れについても、ご相談頂ければお答え致します^^

 

参考:正しいエイジングケア辞典 吉木伸子

 

| 美容 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

美容鍼について【Q&A】

JUGEMテーマ:美容

 

今日はとてもあたたかい日で、Haluでもエアコンを止めてほしいといわれる程のぽかぽか陽気でした。

いよいよ桜の季節となりました。今年もかわいい桜を見るのがたのしみです^^

 

さて、今日は美容鍼について、よくされる質問を少しまとめてみます。

 

【Q】美容鍼のもちはどれくらいなの?どれ位の頻度で通えばいいですか?

【A】人により違います。ただ、顔は体の一部なのでお疲れが強い方は、もちは悪いといえます。

頻度は、最初は週に1回を3回ほど繰り返して頂ければ、定着しているのを実感できると思います。

 

【Q】美容鍼を受けた後、お風呂や洗顔はできるの?

【A】もちろん可能です。

 

【Q】美容鍼の得意なことは?

【A】リフトアップ、小顔効果、むくみは施術後から実感される方は多いようです。あと、皮膚は柔らかくなった、顔色が良くなったといわれる方もいらっしゃいます。

 

【Q】美容鍼をする鍼灸師に、身体の事は相談しない方がいいの?

【A】美容専門の鍼灸師というわけではありません。Haluの鍼灸師は身体とお顔両方のコースに対応できます。

 

いかがでしかた?またよく聞かれるなあ、という質問が増えたら載せていこうと思います。

 

 

 

 

 

| 美容 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

春に向けての女磨き!

寒い日が続きますね!2019年が明けたと思ったら、もう街には節分とバレンタインチョコと桜のモチーフを見かけるようになりました。私も、桜グッズがとても好きで、毎年春になるとついつい見てしまいます^^

 

さて、春の訪れ、今年の立春は2/4です。立春は二十四節気の最初の節気で、旧暦では新しい年の始まりを意味していました。

風水でも、何かをはじめるのに良い日だと言われているそうです。

 

春といっても、まだまだ寒い時期ですが、体感できる春・・・たとえばお花見などに向けて今から「春の女磨き」を初めてみるのはいかがでしょうか!?笑

 

具体的には、新しい物を身の回りに取り入れるだけでも運気が上るそうです。例えば、下着やタオルなど・・・

そして食べ物も、お豆腐・寒さに耐えた旬の春野菜(さやえんどう、ふきのとう)・東洋医学では肝気を調整する酸味の食べ物(梅干し、レモンなど)を召し上がるのもおすすめです。

 

デスクワークなどでも意外と今の時期は身体は冷え、巡っていません。ゆるゆるストレッチなどを取り入れてもらうのも穏やかな美人に近づけると思います^^

 

 

 

 

| - | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

【漢方】婦人科に効く漢方ってなにを選べばいい?

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちは。11月も下旬になり、そろそろ一年の締めくくりに近づいてきましたね。

 

今日は、とってもシンプルに「婦人科に効く漢方の選び方」を書いてみます。

ご紹介するのは、「婦人科三大処方」と呼ばれる、「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」の3つです。

 

まず、当帰芍薬散。

症状:これは、「冷え性でむくみやすい、生理不順、めまい、頭重」の症状がメインとなります。

立ちくらみ、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、しみ、耳鳴りなどの改善にも使われるそうです。

体質:体力が低下して、冷え性で貧血傾向の方に向いているといえるそうです。

 

次に、加味逍遙散。

症状:これは、「イライラしがち、更年期障害、不眠症」の症状がメインとなります。

のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、

 

便秘、冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難などの改善にも使われるそうです。

 

体質:体力中等度以下、虚弱で疲労しやすく、不安や不眠などメンタルトラブルもある方に向いているといえるそうです。

 

最後に、桂枝茯苓丸。

症状:「のぼせて、足は冷える、生理痛・肩こり・しみ」の症状がメインとなります。

月経異常、更年期障害、頭痛、またにきびや、湿疹・皮膚炎、しもやけなど、皮膚のトラブルにも用いられています。

 

体質:体力が中等度以上でのぼせ傾向、下腹に抵抗がある方に向いているといえるそうです。

 

 

今回は、中医学用語を省き、極力シンプルにまとめてみました。

時間がなく、ドラッグストアなどで簡単に購入したい方等は参考にしてみて下さい。

一番体に合ったものをきちんと選びたい方は、是非漢方薬局などのカウンセリングを受けて選択してみてください。

 

 

参考:「ツムラ」WEBサイト、「日本産科婦人科学会」WEBサイト

| 健康 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM