夏の便秘・下痢・胃もたれ・食欲不振。東洋医学とセルフケア!

こんにちは!今年の夏もやっぱり暑くなりましたね。梅雨が長かった分、一気に暑さが辛く感じます。

 

さて、こんな時期にHaluにいらっしゃる方の9割は夏バテの症状を訴えられています。

 

特に多いのが、便秘、下痢、胃もたれ、食欲不振などの胃腸症状です。

これとセットで、全身のだるさとむくみ、脚がつる、などを感じる方が多いようです。(「夏バテかと思い、水分を摂りすぎているからかも…」と仰る方も多いです)

 

原因をネットで調べると、「水分不足・エアコンの冷え・自律神経の乱れ」と書かれています。

ここではそれを前提にして東洋医学的に考えてみます。

 

東洋医学では、胃腸は「脾」の働きが担当していると考えます。(現代医学でいう、脾臓より膵臓の働きに近い)

夏の湿度は「脾」を傷めやすいといわれ、「脾」の働きが弱ると、胃腸症状やだるさ、むくみなどの症状が出ます。

 

また、「脾」は「気・血・津液」を作る大切な場所でもあるため、これらに異常がでます。

さらに、胃腸は身体の真ん中にあるため、胃腸の働きが悪くなると筋肉的にも腰や腹周りに硬さや滞りがでます。

 

さらにさらに!外的環境として室温と外気温の差というダメージに、そこへ自ら冷たい飲食や刺激物を与えてしまうと・・・

さすがに体はノックアウトに近い状態です。

 

実際、梅雨からの身体のだるさ→夏の暑さ→食欲不振→飲み会、刺激物→疲れが取れず、眠りも浅い・・・という過程を辿っている方も珍しくありません。

 

では、セルフケアとしてはどうするか。

私は引き算で考えることもアリではないかと思います。

 

引き算、というのは何かを取り入れるより「しないこと。」

 

例えば、冷たい飲食を摂りすぎない・刺激物、脂ものは少量にする・お酒を飲みすぎない・食べ過ぎない・夜更かしない・日中に外で活動しない、など。

 

禁止、というより体に負担を減らしてあげるイメージでこれらを意識してみて下さい。

 

何かを取り入れるのは、余計と疲れることもあります。現在、とても辛ければ、とにかく季節が過ごしやすくなるまでを凌ぐため、

この「しないこと」を考えてみてはいかがでしょうか?

 

運動や栄養は、土台が整理できてから取り入れた方が、効いてくれます^^

 

 

 

 

 

| 健康 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

梅雨の季節に体調が悪くなる〜気象病について〜

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。梅雨真っただ中ですが、日中は暑かったり夜は風が寒く感じだり、また雷雨や豪雨だったり・・・と中々天気が安定しませんね。

 

こんな季節は体の中も安定しません。Haluにいらっしゃる方にはこの時期の体調不良を訴える方も少なくありません。

最近、ニュースの天気予報でも聞くようになった「気象病」。

東洋医学では、常識のように天気や気温、湿度などは人体に影響を及ぼすと言われてきました。

 

現代では、天気痛外来もできるなど、近年研究が進んでいます。

具体的には、気象に関する気圧・気温・湿度などの影響を受けて悪化する病気の事をいい、慢性痛やめまい心臓病、脳卒中、認知症、喘息、歯周病まで確認されているそうです。

 

Haluでは、頭痛、だるさ、眠気、下痢、リウマチや変形性関節症の方の関節の痛みやだるさ、を訴える方が多くいらっしゃると思います。

 

このメカニズムは、人に備わっている「ホメオスタシス」という、外部環境の変化から体温等を守り一定に保つ働き、が関わっているそうです。それに重要な役割を果たしている「自律神経」が乱れ、ストレスを感じているのではないか、と言われています。

 

対策として、自分でできることは「自律神経」の安定です。

早寝早起き、栄養バランスの取れた食生活、精神の安定、適度な運動習慣などが基本となります。

その他、気圧センサーをキャッチする耳(内耳・前庭)のマッサージも良いそうです。

 

疲れたら、休む!天気で不調なのは科学的にも証明されてきています。気のせいだと思わず、頭や体をゆるめてみてくださいね。

それでも、どうしようもないだるさ等がある場合は我慢せずにHaluにお休みに来てください^^

| 健康 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

“くま”について〜原因・対策〜

JUGEMテーマ:美容

 

こんにちは!GWも元気に営業している、Haluです。

今年は10連休と言われていましたが、残りも少なくなってきましたね。

 

さて、今日は美容の大敵”くま”について書いてみます。

 

まず、

くまは \弔ま茶くま9くま の3種類に分けられます。

チェック方法は、指で皮膚をひっぱって薄くなり、メイクでも隠れるものが青くま、

ひっぱっても薄くならないが、メイクでは隠れるものが茶くま、

ひっぱって薄くなるが、メイクでは隠れないものが黒くまです。

 

 

種類 原因 対策
青くま 寝不足、冷えなどの血流停滞 運動、ツボ押しなどで血行促進
茶くま 刺激により色素沈着、角質肥厚 美白ケア(ビタミンC誘導体など)、ピーリング
黒くま 下まぶたの皮膚老化によるたるみ コラーゲンを増やし(レチノールなど)、たるみを防ぐ

 

アラサーの私は、20代では青くま、30代に入ってからは目の下の茶くまが少し気になるようになりました。

青くまは、ホットタオルなどで温めると頭の疲れも取れていきます。

茶くまは、コンシーラーでカバーをして対策もできますが、美白ケアやピーリング、酵素洗顔なども

組合すことで変わると感じます。

 

40代に向けては、干渉波などでたるみ対策をすることが、黒くま予防にもなるかと考えています。

 

鍼だけではなく、日ごろのお手入れについても、ご相談頂ければお答え致します^^

 

参考:正しいエイジングケア辞典 吉木伸子

 

| 美容 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

美容鍼について【Q&A】

JUGEMテーマ:美容

 

今日はとてもあたたかい日で、Haluでもエアコンを止めてほしいといわれる程のぽかぽか陽気でした。

いよいよ桜の季節となりました。今年もかわいい桜を見るのがたのしみです^^

 

さて、今日は美容鍼について、よくされる質問を少しまとめてみます。

 

【Q】美容鍼のもちはどれくらいなの?どれ位の頻度で通えばいいですか?

【A】人により違います。ただ、顔は体の一部なのでお疲れが強い方は、もちは悪いといえます。

頻度は、最初は週に1回を3回ほど繰り返して頂ければ、定着しているのを実感できると思います。

 

【Q】美容鍼を受けた後、お風呂や洗顔はできるの?

【A】もちろん可能です。

 

【Q】美容鍼の得意なことは?

【A】リフトアップ、小顔効果、むくみは施術後から実感される方は多いようです。あと、皮膚は柔らかくなった、顔色が良くなったといわれる方もいらっしゃいます。

 

【Q】美容鍼をする鍼灸師に、身体の事は相談しない方がいいの?

【A】美容専門の鍼灸師というわけではありません。Haluの鍼灸師は身体とお顔両方のコースに対応できます。

 

いかがでしかた?またよく聞かれるなあ、という質問が増えたら載せていこうと思います。

 

 

 

 

 

| 美容 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

春に向けての女磨き!

寒い日が続きますね!2019年が明けたと思ったら、もう街には節分とバレンタインチョコと桜のモチーフを見かけるようになりました。私も、桜グッズがとても好きで、毎年春になるとついつい見てしまいます^^

 

さて、春の訪れ、今年の立春は2/4です。立春は二十四節気の最初の節気で、旧暦では新しい年の始まりを意味していました。

風水でも、何かをはじめるのに良い日だと言われているそうです。

 

春といっても、まだまだ寒い時期ですが、体感できる春・・・たとえばお花見などに向けて今から「春の女磨き」を初めてみるのはいかがでしょうか!?笑

 

具体的には、新しい物を身の回りに取り入れるだけでも運気が上るそうです。例えば、下着やタオルなど・・・

そして食べ物も、お豆腐・寒さに耐えた旬の春野菜(さやえんどう、ふきのとう)・東洋医学では肝気を調整する酸味の食べ物(梅干し、レモンなど)を召し上がるのもおすすめです。

 

デスクワークなどでも意外と今の時期は身体は冷え、巡っていません。ゆるゆるストレッチなどを取り入れてもらうのも穏やかな美人に近づけると思います^^

 

 

 

 

| - | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

【漢方】婦人科に効く漢方ってなにを選べばいい?

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちは。11月も下旬になり、そろそろ一年の締めくくりに近づいてきましたね。

 

今日は、とってもシンプルに「婦人科に効く漢方の選び方」を書いてみます。

ご紹介するのは、「婦人科三大処方」と呼ばれる、「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」の3つです。

 

まず、当帰芍薬散。

症状:これは、「冷え性でむくみやすい、生理不順、めまい、頭重」の症状がメインとなります。

立ちくらみ、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、しみ、耳鳴りなどの改善にも使われるそうです。

体質:体力が低下して、冷え性で貧血傾向の方に向いているといえるそうです。

 

次に、加味逍遙散。

症状:これは、「イライラしがち、更年期障害、不眠症」の症状がメインとなります。

のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、

 

便秘、冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難などの改善にも使われるそうです。

 

体質:体力中等度以下、虚弱で疲労しやすく、不安や不眠などメンタルトラブルもある方に向いているといえるそうです。

 

最後に、桂枝茯苓丸。

症状:「のぼせて、足は冷える、生理痛・肩こり・しみ」の症状がメインとなります。

月経異常、更年期障害、頭痛、またにきびや、湿疹・皮膚炎、しもやけなど、皮膚のトラブルにも用いられています。

 

体質:体力が中等度以上でのぼせ傾向、下腹に抵抗がある方に向いているといえるそうです。

 

 

今回は、中医学用語を省き、極力シンプルにまとめてみました。

時間がなく、ドラッグストアなどで簡単に購入したい方等は参考にしてみて下さい。

一番体に合ったものをきちんと選びたい方は、是非漢方薬局などのカウンセリングを受けて選択してみてください。

 

 

参考:「ツムラ」WEBサイト、「日本産科婦人科学会」WEBサイト

| 健康 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ハリ・ツヤ・うるおい・やわらかさのあるお肌のために大切なこと〜美容のためのプチ栄養学〜

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:美容

こんにちは。今朝はやっと北海道で初雪が観測されたらしいですね。日に日に寒くなってきました。

今日はハリ・ツヤ・うるおい・やわらかさのあるお肌のために大切なこと、をテーマに考えてみます。

 

年齢を重ねると、どうしても若いころのようにはいかず…。若さにしがみつきたい訳ではないが、きれいな年の取り方をしたい、と願う女性の声を多く聞きます。

 

確かに、私の母も「最低限の顔を維持するのに手間もお金もかかる」と嘆いていたことがあります。

では、きれいな肌とはどのようなものでしょうか。

 

沢山の方のお肌を触らせて頂く中で、私が思うきれいなお肌とは「ハリ・ツヤ・うるおい・やわらかさのあるお肌」

かなと思います。

 

年齢を重ねると、お肌に肉が付く方はむくみやほうれい線をとても嫌っていらっしゃいます。

私は痩せると頬からやつれていくタイプなので、頬などにふくよかなお肉が多少は欲しいと思いますが。

 

大事なのは中庸で、ハリ・ツヤ・うるおい・やわらかさの為にはまず、適度にお肉は必要になります。

そのためにはまず、偏った食生活やダイエットを見直し、バランスよく三色(黄・赤・緑)の栄養素を摂ることをおすすめします。

 

黄:炭水化物も身体のエネルギーとなる、大切な栄養素です。

赤:お肉や魚などのたんぱく質は身体を作る元になりますが、赤身のお肉に含まれる鉄分は、お肌の弾力を生むコラーゲンの合成に欠かせず、高い吸収率です。体を温める作用もあるので美肌にはかかせない食材です。

緑:野菜や果物は、身体の調子をととのえる作用があり、ビタミンが豊富です。例えばビタミンAは乾燥肌の方や、ターンオーバを促したい方にもおすすめです。ビタミンCは先ほどのコラーゲンの生成にも関わっているといわれています。

 

つまり、バランスよく色んなものを召し上がるといい!ということですね。

 

 

食べ物は美肌にとってとても大切です。しかし、十分な睡眠・運動・心の健康も同時に重要です。

 

東洋医学では、アンチエイジングという考えは本来ありません。

年は誰しも取るもので、その年齢に合わせた美しさがあるはずです。

 

悩める女性が、一人でも心から自分の美しさに自信をもって、毎日をはつらつとして生活していただくことを願っています^^

| 美容 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

便秘のこと 

JUGEMテーマ:健康

 

Haluには「美容集中コース」という美容鍼を贅沢に味わえるコースがあります。

お顔のコースですが、鍼灸は体全体の状態を考慮して治療をしますので、問診時にお通じの状態を

おききします。

 

そこで多くの方がおっしゃる「便秘」。

 

来院のきっかけが小顔を目指した方でも、腰痛の方でも、便秘がある方は多くいらっしゃいます。

主訴にはなりにくい(便秘で通うほどでもない)けれど、地味につらい症状ですよね。

 

「はりで便秘も改善するの?」「美肌を目指すのに便秘は影響していたのですね」等のお言葉もいただきます。

 

消化器症状に対しても鍼灸は有効です。

WHO(世界保健機構)では、神経疾患・運動器疾患・循環器疾患など11系統の疾患群に対して鍼灸は有効であることを

認めています。

 

そのなかに消化器疾患も含まれており、胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾が明記されています。

 

美しくなるのに、鍼灸を選んで下さるなら、是非からだの内側からキレイになってほしいです。

 

次回も引き続き、便秘について詳しくお届けします^^

 

 

 

 

| 健康 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

夏の下腹部ぽっこりにセルフケア!

JUGEMテーマ:美容

まず、平成30年豪雨により亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、連日蒸し暑さがつづきますね!何だか夏バテのような…

いつの間にか、下腹部ぽっこりが出てショック…ほうれい線もくっきり、顔もたるむ!

重力に負けている気がする・・・。

この湿度で汗は出るのに体や顔はむくむ!食欲もなんだかあまりない

と言われる方も、多くいらっしゃいます。

 

 

これらの症状はじつは、東洋医学では関連があると考えます!

 

湿度で脾(東洋医学では消化器に関連)の機能が低下するため、むくむ、臓器をとどめておく、胃腸の不調がおこるといわれます。

なので、鍼治療にこられた方には脾の作用をたかめるよう処置をします。

 

セルフケアとしては、胃腸に負担のある飲食をひかえる、(つめたい、あまい、刺激物を控える)

また寝る前の腹部のマッサージもおススメしています。

 

これらのお悩みがある方は、是非ご相談下さい。お越しいただいた際、アイデアをご提案させていただきます♪

 

 

 

| 美容 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

今から厳重警戒!夏の肌荒れが及ぼすこわーい影響

JUGEMテーマ:美容

 

こんにちは!むしむしの雨の日が落ち着いたと思ったら、今週はとにかくアツいですね!

さて、そんな皆さんの最近のお肌ですが・・・

 

一番かんじるのは「乾燥」!あとはべたつきや冷えも目立ちます。

 

降り注ぐ紫外線、ながれる汗、悩まされる冷房。

 

これらは、「乾燥」と「ニキビ」だけでなく、「しみ」「そばかす」「毛穴のひらき」「しわ」なども招いてしまいますT-T!!

こわい!侮れません・・・。でも、すでに乾燥と肌の不快感を感じます。これらが起こっても、納得です。>−<

 

日頃の対策とスキンケアの注意点をまとめると、

・紫外線吸収剤のはいっていない日焼け止めを選ぶ。

・汗はこまめにふき取る。(角質を剥がさないように、優しく)

・お肌を衛生的に!帰宅後は早めに落とす。枕カバーやタオルもこまめにかえる。

・ピーリングと特に保湿を大切に!!

・内臓を冷やしすぎない。

 

どれも簡単な事だとおもいます。

お肌の調子が悪かったり、しわ、ほうれいせん、たるみなど外見のくずれは

心にも大きく影響します。

 

明るい笑顔の貯金のために、これらだけでも気にしてみてください^^

 

| 美容 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM