<< 花粉症とさよならするために | main | こどもの免疫力を上げる方法 >>

こどものハリ 

JUGEMテーマ:健康
こんばんわ HALU鍼灸師のはしもとですカピバラ

桜の季節から、青々と草木がしげる時期になりました若葉

もうすぐ「こどもの日」がある連休ということで、 今日の話は子供とはりについてですこいのぼり
子供にもはりをすると聞くとびっくりする人も多いかもしれません。

他にも・・・
「子供がはりをするってどこか悪いの?」
「何歳から受けるの?」 と色々疑問の声が聞こえてきそうです。

はしもとの出身地である大阪では昔から小児鍼が盛んでしたが、 関東地域ではあまり知られていないようです。

そこでこの「子供のはり」について数回に分けて話をしていこうと思います。

まず おめかし「子供のはりは何歳から受けるの?」ですが・・・

カピバラ「0歳の赤ちゃんから受けることができます。 妊娠中のお母さんが安産ケアのために通っていて、産まれた子供を連れてくるケースもあるんですよ。」

おめかし「産まれてすぐなのに、何が悪いの?」

カピバラ「どこかが悪くて治療に来るというより、 元気に育つお手伝いをするというイメージの方があっているかもしれません。 ミルクの飲みが悪い 夜泣き 寝つきが悪い 手が少し冷たい  など色々あります。」

これらは見過ごしてしまいがちなのですが鍼灸師から見ればこれらは体からのサインです。

小さなサインのうちに気づいてあげる事が大切。
その積み重ねが、体の強い元気な子に育つ秘訣です。 子供たちを元気でたくましく!頑張る HALUはしもと
| 治療 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.halu.co.jp/trackback/125

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM