<< ハリ・ツヤ・うるおい・やわらかさのあるお肌のために大切なこと〜美容のためのプチ栄養学〜 | main |

【漢方】婦人科に効く漢方ってなにを選べばいい?

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちは。11月も下旬になり、そろそろ一年の締めくくりに近づいてきましたね。

 

今日は、とってもシンプルに「婦人科に効く漢方の選び方」を書いてみます。

ご紹介するのは、「婦人科三大処方」と呼ばれる、「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」の3つです。

 

まず、当帰芍薬散。

症状:これは、「冷え性でむくみやすい、生理不順、めまい、頭重」の症状がメインとなります。

立ちくらみ、肩こり、腰痛、足腰の冷え、しもやけ、しみ、耳鳴りなどの改善にも使われるそうです。

体質:体力が低下して、冷え性で貧血傾向の方に向いているといえるそうです。

 

次に、加味逍遙散。

症状:これは、「イライラしがち、更年期障害、不眠症」の症状がメインとなります。

のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、

 

便秘、冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難などの改善にも使われるそうです。

 

体質:体力中等度以下、虚弱で疲労しやすく、不安や不眠などメンタルトラブルもある方に向いているといえるそうです。

 

最後に、桂枝茯苓丸。

症状:「のぼせて、足は冷える、生理痛・肩こり・しみ」の症状がメインとなります。

月経異常、更年期障害、頭痛、またにきびや、湿疹・皮膚炎、しもやけなど、皮膚のトラブルにも用いられています。

 

体質:体力が中等度以上でのぼせ傾向、下腹に抵抗がある方に向いているといえるそうです。

 

 

今回は、中医学用語を省き、極力シンプルにまとめてみました。

時間がなく、ドラッグストアなどで簡単に購入したい方等は参考にしてみて下さい。

一番体に合ったものをきちんと選びたい方は、是非漢方薬局などのカウンセリングを受けて選択してみてください。

 

 

参考:「ツムラ」WEBサイト、「日本産科婦人科学会」WEBサイト

| 健康 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.halu.co.jp/trackback/162

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM