<< コロナウイルスに負けない! | main |

免疫とは。おうちでもできる免疫力アップ活!

JUGEMテーマ:健康

こんにちは。さて、中々コロナウイルスが収まらない中、日本もどんどん深刻さを増すのか、不安になる方も多いと思います。

 

今日は、「外出自粛中でもおうちでできる免疫力UP」について書いてみます。

どんな生活をすれば良いの?効くツボってあるの?という声を頂いたので、少しご紹介します^^

 

そもそも「免疫」とは、「病気を免れる」という意味です。感染症 などに一度かかると、二度目は軽く済んだり、まったくかからなくなったりすることです。体が自分にとって健全な成分以外のものを識別して排除する防疫システムのことです。

 

 

今回のコロナウイルスも、若い人などは陽性であっても症状が出ない方などは、

免疫力が強いので重症化まではいかない、と言えるのでしょう。

 

では、免疫力はどのように上げられるかといえば、「体温を上げる・腸内環境を整える」が

キーワードになるのではないかと思います。

 

免疫細胞は血液の中にいるので、体温が下がると異物を発見しても攻撃をするスピードは落ちるそうです。

体温を上げる、には「運動・食事」などが良いでしょう。

 

また、免疫細胞の多くは腸にいると言われています。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす食事が大切になります。

 

発酵食品の摂取や栄養バランス(脂質とタンパク質が多い食事、大量飲酒や喫煙でも悪玉菌が増える。野菜や発酵食品が良い)

を考えた食事がおススメです。

 

では、免疫を上げるツボとは?

ここでも先ほどの2つのキーワードである「体を温める、おなかに効く」ツボがいいのかなーと思いました。

 

代表的なお腹のツボは「足三里、合谷、中脘チュウカン、天枢、関元」です。

足三里は免疫を上げるともいわれます。

 

場所は、脚のすね。お膝の皿の下に指を横向きに4本ならべたところにあります。

そこから下のすねの筋肉(前脛骨筋)は、「胃経」とよばれる経絡が通っています。

 

東洋医学では、胃腸は表裏の関係です。その胃経を上から下に、足三里から足の関節にむけて揉むのもおすすめです。

その他のお腹のツボをお灸であたためたり、ツボ押しも良いかもしれません。

 

また、体温を上げる場所として「褐色脂肪細胞」という細胞が集まるところがあります。

大体、肩甲骨の間になります。

 

そのあたりには、実は肺に関するツボもあります!

肩甲骨の上げ下や、肩甲骨が動くことを意識しながら腕を大きく回す、などの運動もおすすめです。

 

 

以上、ここまでおうちでもできる免疫アップ活!をご紹介しましたが、いろんな事をメンテナンスとしてやっている鍼灸師の私でも、一番といってもいいほど大切なのは、「心」だとも思います。

 

どんなに体に良いことをやっても、心が落ち込んだり元気がなければ、症状は回復してくれません・・・

どうか、外出自粛や不安なニュースが続いても、ひとりで落ち込まずに心の元気にも目を向けてあげてくださいね^−^v

 

 

| 健康 | 12:28 | comments(0) | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM